B2Bバイヤーは、販売担当者と過ごす時間は短く、製品やサービスのオンライン・リサーチに多くの時間を費やします。チャネルは変化しているため、B2B企業はいかにしてeコマース・アーキテクチャで優れたデジタル・エクスペリエンスを独特のバイヤーたちに提供できるかを模索しています。

「小売企業がテクノロジー分野で長期にわたって成功を収めるためには、一貫してeコマースの狙いを顧客に定めつつ、独自の強みに重点を置く必要があります。当社は、さまざまな製品ブランドを受け入れるB2Bショップで、バランスをとることで、それを実現してきました。」
HENKA Tools + Machine Tools CEO Andreas Viehweger工学士

複雑なカタログ ― 容易なソリューション

極めて洗練された多様な製品カタログ、個別の検索画面、ソートと絞り込みのロジックは、B2Bビジネスに欠かせない要素です。その複雑性をすべてオンラインに移行するには、さまざまな(時には老朽化した)システムのデータセットをマージし、インターフェースで接続する必要があります。これは非常に多くの場合、従来型のソリューションの枠を超えています。その対策となるのが、ビルディング・ブロックを原理とするモジュール型ソリューションです。

異種の顧客 ― 個々のワークフロー

B2B環境の課題は、顧客関係が独特であるがゆえに、そのプロセスも独特であるという点です。つまり、さまざまな顧客グループが、交渉によるさまざまな契約期間に基づいて購入を行います。最適なコマース・プラットフォームでは、円滑でシンプルな独自のプロセスを実現できます。

段階的なモダナイゼーション

多様な顧客関係には、複雑な一連のプロセスが必要であり、そのようなプロセスにはソフトウェアの移行中に戦略的に対処する必要があります。成功の秘訣は、柔軟で拡張性に優れたアーキテクチャへの段階的な移行です。

多くのビジネスは、ヘッドレスのプラットフォームと方法論を活用しています。これにより、段階的なアプローチでプラットフォームの移行が可能になり、レガシープラットフォームを段階的に排除できます。