顧客はもはや、お気に入りのファッション・ブランドを購入するだけにとどまりません。シームレスにつながり合う複数チャネルでのショッピング・エクスペリエンスを期待しています。

Wizards of the Coast

「当社はプラットフォームを選択する際、eコマースとコンテンツを、commercetoolsが提供するテクノロジーとどのように融合できるかを慎重に検討しました。求めていたのは、当社のビジネスを拡張できる強力なバックエンドでした。」 ― Highsnobiety 戦略/運用/コマース担当バイス・プレジデント Laura Mehler氏

デジタルトランスフォーメーションを受け入れる

ファッション・ブランド企業にとっては、デジタルに精通したブランドになり、デジタルトランスフォーメーションを受け入れるほかに選択肢はありません。一般的な消費者セグメント、地理、万能なソリューションはもはや存在しないため、今やファッション・ブランドにとって、消費者とブランドの関係全体の再構築が基本となっています。

Embrace Digital Transformation
Matching Consumers' Expectations

消費者の期待に応える

消費者の期待は今や最重要事項です。消費者は、シンプルな購入取引にはもはや満足しておらず、取引に伴う体験を求めています。商品を購入するブランドと交流し、ブランドの一員となり、影響を与え、ブランドの個人版になりたいと考えています。

ソーシャルメディアの重要性

ファッションの買い物客は、自身がソーシャルメディアでどう見られているかや、購入し所有するブランドがどう受け止められているかを気にしています。消費者の多くは、購入の決断前、決断中、決断後に、ソーシャルメディアのチャネルを通じてブランドの所有を公言します。

The Importance of Social Media
Omni Channel Touchpoints

オムニチャネルのタッチポイント

オムニチャネルとは、スムーズで卓越したショッピング・エクスペリエンスを顧客に提供するために、ソーシャルメディア、リアル店舗、オンライン、モバイルなど、消費者のあらゆるタッチポイントを統合する概念です。リテールの衰退は一部の地域では事実ですが、消費者は概して小売店を見捨ててはいません。むしろ、魅力的で便利なブランド・エクスペリエンスを楽しむために、従来型のリテールとデジタル・リテールが結び付くことを期待しています。

パーソナライズされたエクスペリエンス

ファッション・ブランドは現在、消費者がパーソナライズされた体験を得られるようにするために、多くの方法を見いだしています。ブランド企業は、個人の好みと過去のショッピング行動に基づいてコンテンツとレコメンデーションを作成し、提供します。また、顧客のデータと情報を活用し、カスタマイズしてパーソナライズされたショッピング・エクスペリエンスを創出できるよう取り組んでいます。

Personalized Experiences

ホワイトペーパー:Migration to commercetools

Migration White Paper

モノリシックなコマース・プラットフォームからcommercetoolsへ!このホワイトペーパーでは、アーキテクトとその部門向けに、SAP HybrisやIBM Websphereなどのモノリシックなレガシー・コマース・プラットフォームからcommercetoolsへのプラットフォーム移行について説明しています。

ダウンロード

ホワイトペーパー:Customer-focused omnichannel strategy

White Paper: Omnichannel

このホワイトペーパーでは、小売企業がどのようにオムニチャネル戦略のメリットを享受できるか、オムニチャネルのリテール事業を構築するには具体的にどのような手順を踏む必要があるかを詳しく説明しています。

ダウンロード