フロントエンドをバックエンドから分離することにより、
柔軟なAPIを利用してすべてのタッチポイントを容易に接続

フロントエンド

Headless Commerce

バックエンド


Forrester Wave

commercetoolsは、会話型コマースやソーシャル・コマースなど、革新的なユースケースを特に得意としており、顧客はフロントエンドのインターフェースに依存しない新しいコマース機能を『プラグイン』できます。」― 2017年The Forrester Wave™

ヘッドレス・コマース・ソリューションとは

ヘッドレス・コマース・プラットフォームは、すべてのバックエンド・プロセス、計算、データ保管を担います。柔軟なコマースAPIによってこれらのデータをすべて提示します。そのため、標準的なオンラインショップ、モバイルデバイス、音声アシスタント、車内コマースなどのさまざまなシナリオで、あらゆる種類のフロントエンド(「ヘッド」)に接続できます。

『Benefits of Headless Commerce』

柔軟性:ソフトウェア・ベンダーによって設定された柔軟性のない構造にこだわる必要はなく、フロントエンドを完全に管理できます。

スピードと俊敏性:バックエンドの安定性を損なうことなく、新機能の試行とA/Bテストを迅速に実施できます。

パフォーマンス向上:異なるタッチポイントには異なる拡張ニーズがあります。フロントエンドをバックエンドの機能から分離することで、カスタマー・エクスペリエンスと予算の効率が向上します。

当社のヘッドレス・プラットフォームを使用しているお客様

Bang & Olufsen

Customer Bang & Olufsen

Dodenhof

Case Study Dodenhof

scrappel

Case Study scrappel

Videos that explain headless commerce in today’s digital strategy

Why Analysts are Bullish on Headless – And Why You Should Be Too

Webinar: Is your commerce platform truly modern or ‘Fake New’?

Read more about headless commerce on our Blog

Headless Commerce – Where The Commerce World is Headed

Headless Commerce – Where The Commerce World is Headed

Defining the “H” in commercetools MACH Architecture for enterprise commerce

Headless Commerce

Five Business Benefits of Headless Commerce

Five Business Benefits of Headless Commerce

ホワイトペーパー:『Benefits of Headless Commerce』

Microservices White Paper

ますます多くのブランド企業が顧客対応のフロントエンドと技術的なバックエンドの分離を選択している理由をご紹介します。

ダウンロード

2019年Gartner Magic Quadrant™ for Digital Commerce

commercetoolsは、2019年のGartner Magic Quadrant™ for Digital Commerceで、2年連続ビジョナリーに位置付けられました。commercetoolsの視点について、詳しくはレポート全文をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード