「卸売企業がオンラインショップとWebサイトの必要性を認識すると、さまざまな流通チャネルを最適に調整するという課題に直面します。」

ドイツ・ケルン大学 小売調査機関 Kai Hudetz博士およびJudith Hellhake氏

大口顧客、大きな課題、大きなビジネス・チャンス

デジタル化はeコマースのDNAです。民間セクターでは、顧客は長年にわたりeコマースの利便性に慣れ親しんできました。そのため、同じ機能とサービスをビジネス・プロセスにも期待しています。さらに、新たなテクノロジーによって、新たな競合企業に市場が開かれています。対象のグループと流通チャネルは、ますます複雑になっています。卸売企業は対応を強いられています。

事前警告は事前準備?

卸売企業は、価値創出の各段階を結び付けるものとして、もたらされるデジタル機会を活用する必要があります。つまり、新しい流通チャネル、新たな顧客グループへのアクセス、そして何よりも定量的なデータ分析のおかげで顧客により良いサービスを提供できる機能を利用しなければなりません。これらの可能性を避けることは、極めて大きなリスクです。

ビッグデータ ― 大規模なサービス

新しいオンライン・チャネルを通じて取得された広範に及ぶ顧客データと利用データによって、卸売企業は別の仲介者がいなくても、早い段階で顧客をより深く理解し、個々のニーズを特定し、そのニーズに応えることができます。それは、卸売であっても、パーソナルな関係、つまり顧客と直接やり取りできる関係を築けば、オンラインのみで取引を行う販売業者よりも圧倒的に優位に立てるためです。